Apache VirtualHost in Yosemite

  • Yosemite 10.10.3
  • Apache 2.4.10
  • laravel5

Include /private/etc/apache2/extra/httpd-vhosts.conf

/etc/apache2/extra/httpd-vhosts.conf を編集する。

<VirtualHost *:80>
    ServerName localhost
    DocumentRoot "XXX/Document"
    <Directory "XXX/Document">
        AllowOverride All
        Require all granted
    </Directory>
    CustomLog "/private/var/log/apache2/localhost.access.log" common 
    ErrorLog "/private/var/log/apache2/localhost.error.log" 
</VirtualHost>

<VirtualHost *:80>
    ServerName laraveltest.com
    DocumentRoot "XXX/laravel/public"
    <Directory "XXX/laravel/public">
        AllowOverride All
        Require all granted
    </Directory>
    CustomLog "/private/var/log/apache2/laraveltest.com.access.log" common 
    ErrorLog "/private/var/log/apache2/laraveltest.com.error.log" 
</VirtualHost>

/etc/hosts を編集

127.0.0.1 localhost
127.0.0.1 laraveltest.com

ここから、
httpd.apache.orgの記載より引用

メインホストはなくなります

既にあるウェブサーバにバーチャルホストを追加する場合、 既存のウェブサーバに対しても ブロックを作らなければなりません。このバーチャルホストの ServerName と DocumentRoot は、グローバルな ServerName と DocumentRoot と同じものにします。また、このバーチャルホストを設定ファイルの中で 先頭に置いて、デフォルトホストとして動作するようにします。

Install Mcrypt on Yosemite

brew で mcrypt を入れてみたがうまくいかない。phpinfoにmcryptが現れない。

brew install autoconf
brew tap homebrew/dupes
brew tap homebrew/versions
brew tap homebrew/homebrew-php
brew install mcrypt php55-mcrypt

そこで、ここを参照して、リコンパイルしてmcrypt.soを得て配置
合わせてphp.iniを編集

extension=mcrypt.so

Install Apache & PHP on Yosemite

  • Yosemite 10.10.3

/etc は /private/etc にシンボリックリンクしているので、以下の記述で/private/etc とある部分は、/etc に読み替えても同じ

  1. Apache自体はYosemiteに付属しているので、バージョンに不満がなければ、これを用いる。
  2. /private/etc/apache2/httpd.cnfを編集
    • LoadModule php5_module libexec/apache2/libphp5.so のコメントを外す
    • LoadModule rewrite_module libexec/apache2/mod_rewrite.so のコメントを外す
    • DocumentRoot “/Users/ユーザー名/www”
      <Directory “/Users/ユーザー名/www”>
      AllowOverride All
      Options FollowSymLinks Multiviews Indexes
  3. /private/etc/php.ini.defaultを php.iniにコピーして編集
    • sudo cp php.ini.default php.ini
    • error_reporting = E_ALL
    • display_errors = On
    • date.timezone = “Asia/Tokyo”
    • mbstring.language = Japanese
    • mbstring.internal_encoding = UTF-8
    • mbstring.http_input = UTF-8
    • mbstring.detect_order = auto
  4. 以下をphp.iniに追加
    • zend_extension = “xdebug.so”
    • [xdebug]
    • xdebug.var_display_max_children = 999
    • xdebug.var_display_max_data = 999
    • xdebug.var_display_max_depth = 100
  5. 起動は、ターミナルから sudo apachectl start
  6. 設定のチェックは、sudo apachectl configtest
  7. 設定を変えてからの再起動は、ターミナルから sudo apachectl restart

Install MySQL on Yosemite

  • Yosemite 10.10.3
  • MySQL Community Server 5.6.24
  1. MySQL公式サイトから、Mac OS X ver. 10.9 (x86, 64-bit), DMG Archive をダウンロードして実行
  2. ~/.bash_profil を編集して、PATHに/usr/local/mysql/bin を追加
    export PATH=/usr/local/mysql/bin:$PATH
  3. パスワードの設定
    mysqladmin -u root password {new-password}
  4. sudo ln -s /tmp/mysql.sock /var/mysql/mysql.sock

起動・停止は、システム環境設定のMySQLから可能。