Windows共有フォルダへ接続するパスワードの削除

共有フォルダへ接続する時にユーザー名とパスワードを入力している場合に、「パスワードを記憶する」チェックボックスにチェックすれば、その後はユーザー名、パスワードの入力は不要になる。

ここで記憶した情報を削除するには、下記のコマンド

rundll32.exe keymgr.dll,KRShowKeyMgr

既存のエントリ一覧から削除する

Windowsのcmdファイルをエクスプローラーから

cmdファイル中で同じフォルダのファイルを参照するのは良くある作りですが、この場合にエクスプローラー上に見えるcmdファイルをダブルクリックしても、そのファイルは参照できません。このときのカレントディレクトリは、C:\WINDOWSになってしまうからです。

この動きを変えるためにレジストリを書き変える方法もあるようですが、そうではなくてcmdファイル側でカレントディレクトリを移動してしまうという対処もあります。

つまりは、そのcmdファイル自身があるフォルダをカレントディレクトリにするというコマンドを実行すれば良いわけで、Windowsの標準コマンドだけで実現可能です。

cd "%~dp0"

覚えのないアカウント

Support_388945a0 リモートアシスタンス用のユーザ
HelpAssistant リモート アシスタンスセッションを確立するために使用されるプライマリアカウント
IUSR_PC名 IISをインストールすると自動的に作成される、匿名アクセスで使われるアカウント
IWAM_PC名 IISをインストールすると自動的に作成される、IISの起動用のアカウント

CP932重複定義リンク集

  • http://www.massangeana.com/mas/charsets/jis2ucs.htm
  • http://homepage1.nifty.com/nomenclator/perl/shiftjis.htm#duplic
  • http://homepage1.nifty.com/nomenclator/perl/ShiftJIS-CP932-MapUTF-j.html
  • http://www2d.biglobe.ne.jp/~msyk/charcode/cp932/uni2sjis.html
  • http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;JP170559