Windowsでログインパスワード(ローカル)が不明の場合の対処

  1. MicrosoftのMediaCreationTool.exeをダウンロード
  2. MediaCreationTool.exeで、Windows10の起動DVDを作成
  3. 起動DVDで立ち上げて、セットアップ画面から、Shift+F10でコマンドプロンプト
    cd \windows\system32
    ren utilman.exe utilman.org
    copy cmd.exe utilman.exe
    
  4. 起動DVDを外し、ダイアログの右上の「×」をクリックしてインストールを取り消す
  5. Windowsを再起動
  6. サインイン画面で左下の[コンピューターの簡単操作]アイコンをクリックし、cmd.exeを起動
    net user (ユーザー一覧)
    net user <ユーザー名> <新しいパスワード> (パスワード再設定)
    
  7. 起動DVDで再起動
    cd \windows\system32
    del utilman.exe
    ren utilman.org utilman.exe
    

Macでログインパスワード不明の場合の対処

  1. 起動時にCommand+Rで、macOSユーティリティがたちあがる
  2. メニューのユーティリティ > ターミナルでターミナルがたちあがる
  3. resetpasswordと入力
  4. パスワードを変更する

FileVaultがかかっている場合、上記はできない。パスワードを要求される。

  1. 起動時にCommand+Rで、macOSユーティリティがたちあがる
  2. ディスクユーティリティでHDD消去
  3. ディスクユーティリティでOS再インストール

Docker for Mac & SQL Server 2017 インストール

  1. docker for Macをダウンロード
    www.docker.com
  2. docker for Macをインストール
  3. docker for Macを起動し、メモリ割り当て変更。メモリは 4GBにする。
  4. SQL Server on Linux のイメージを Docker Hub からダウンロード
    docker pull microsoft/mssql-server-linux
    

    ダウンロード元のサイト

  5. コンテナを起動
    docker run -e 'ACCEPT_EULA=Y' -e 'MSSQL_SA_PASSWORD=<*password*>' \
    -p 1433:1433 --name mssql \
    -d microsoft/mssql-server-linux:latest
    
  6. 動作確認
    sudo docker ps
    

    見えないときは ps -a で停止しているコンテナを表示

    docker ps -a
    

    [STATUS] 列が [Up]:正常、[STATUS] 列が [Exited]:エラー

  7. エラー時はログを確認
    docker logs XXXXXXXX
    
  8. ストップと再起動
    docker stop mssql
    docker rm mssql
    
  9. 手動でコンテナをスタート
    docker start **コンテナID** 
    

OSXにHomebrewでRailsをインストールする

(rbenv ruby-buildのインストール) 
brew install ruby-build
brew install rbenv
echo ‘eval “$(rbenv init -)”‘ >> ~/.bash_profile
source ~/.bash_profile

(rubyのインストール) 
rbenv install -l
rbenv install 2.4.2
rbenv rehash
rbenv global 2.4.2

(powのインストール) 
gem install powder
rbenv rehash
powder install

(railsのインストール) 
gem install bundler
gem install rails
rbenv rehash

cd XXX
bundle exec spring binstub –all

OSXにPostgreSQLをHomebrewでインストールする

brew install postgresql

(自動起動にする)
brew services start postgresql

(止める、自動起動も止まる)
brew services stop postgresql

(コンソールからアクセス)
psql -d postgres

(データベースの作成)
CREATE DATABASE sandbox;

(パスワード付でユーザーの作成)
createuser -P rails_user

(データベースの権限確認)
psql -q -c’select * from pg_user’ sandbox

(rails_userに権限付与)
psql -U mac_user sandbox
sandbox=#\du
sandbox=#ALTER ROLE rails_user WITH Superuser;

Laravelのヘルパー関数

Laravel的にはServiceProviderを作って対応するのが本筋かもしれません。今回は、Helperの多くはstaticな関数だろうと開き直って、もう少しお手軽な方法をメモしておきます。

  1. app下にHelpers\を作成
  2. Helpers下にTools.phpを作成
  3. Tools.phpには staticなfunctionのみ配置
  4. Helpers下にTools.phpを作成
  5. config/app.phpに追記
    'alias' => [
        'Helper' => App\Helpers\Tools::class,
    ],